パッチリ目元になる決心

パッチリした目もとを作るために欠かせない「マツエク」

 

今では付けまつ毛よりも自然に仕上がると人気を集めていますよね

 

そんなマツエクですが、自然にボリュームが出せる反面、意外と費用が掛かるのが難点

 

セルフマツエクやり方

 

平均的な値段でいうと1回の施術に5,000〜7,000円ほどかかると言われています

 

また、付け放題の場合は8,000円以上発生するお店も多いようです

 

個人差もありますが、マツエクは基本的に3週間に1回リペアが必要になります

 

と言うことは1回の施術に5,000円かかる場合、3か月で2万円もの費用が発生

 

こうやって計算してみると、意外と高額だと思いませんか??

 

私も普段からマツエクをしているひとりなのですが、この費用の高さに毎月頭を抱えていました

 

そんな時に、楽天市場で「セルフマツエクキット」と言うものを見つけたのです!

 

「これならマツエク代を削ることができるかも!!」

 

なんて気軽な気持ちで購入し、チャレンジしてみることにしました

サロンとセルフマツエクの違い

まず、サロンで行うマツエクとセルフマツエクの違いを比較してみましょう

 

【サロンの場合】
費用:1回につき5,000〜7,000円
時間:リペア込で約1時間半
施術ペース:3週間に1回が目安
安全性:資格を持った方の施術なので安心

 

【セルフの場合】
費用:初期費用のみなので500円ほど
時間:15分ほど
施術ペース:気になったらいつでも
安全性:自己責任、目に染みる可能性あり

 

比較してみましたがセルフで行う場合、費用も時間も大幅に削ることができますね

 

気になったときにパパっと施術ができるので、ペースの頻度も短め

 

セルフマツエク危険なのか

 

また抜けたらつける・・・と言った感じで施術ができるので、1回の時間も15分ほどしかかかりません

 

ただし、安全面はサロンの方が上です

 

サロンでは資格を持った方しか施術ができないため、安全面や衛生面は徹底されています

 

セルフで行う場合、グルーが目に染みたりうまくつけられなかったり、自まつ毛が抜けてしまったりする恐れもあるため、自己責任で行わなければなりません

 

その点をしっかり考えてやらなければ、最悪の場合病院を受診しなければならないほどまぶたが腫れてしまうこともあります

 

"自己責任で行う"と言うことを、常に考えて施術しなければなりませんね

セルフマツエクの場合、束が主流

安全面は低いですが、施術の際に道具を消毒したり、きちんとサージカルテープで瞼を保護すれば基本的には失敗せずにセルフでマツエクを施術することができます

 

マツエクというと、1本の自まつ毛に対して1本のエクステを付けるのが主流ですよね

 

セルフマツエクおすすめ

 

しかし、セルフマツエクの場合、1本1本エクステを付けることは非常に困難

 

なんせ目を開けながら付けていかなければならないので、1本1本細かい作業をすることができないのです

 

実は、セルフマツエクは1本ではなく束になったエクステが主流

 

1束につき8〜14本とまとめてエクステがついているので、等間隔に8〜10束付けていくだけでカンタンに目もとのボリュームを出すことができます

 

束を付けるだけなので、施術時間も短くて済むためとっても手軽

 

ただし取れてしまった際は一気にボリュームダウンしてしまうので、注意が必要です

私の購入したセルフマツエクキット「Reine」

続いて私が実際に楽天市場で購入したキットをご紹介しましょう

 

セルフマツエク持ちについて

 

「Reine」というショップで購入したセルフマツエクキットです

 

お値段は9点入って2,900円

 

これで2〜3か月はエクステを楽しむことができます

 

入っているアイテムを詳しくご紹介しましょう

 

Reineマツエク

 

まずは一番重要なエクステ

 

こちらは毛束と長さを以下から自由に選ぶことができます

 

毛束:8束/10束/12束/14束
長さ:8mm/10mm/12mm/14mm

 

私は◎束の12mmをチョイス

 

セルフマツエク口コミ

 

ちなみに1本単位のエクステも付属しています

 

隙間埋めにピッタリですね

 

セルフマツエク下まつ毛

 

続いてエクステを付けるためのグルーとガラスのお皿とピンセット

 

グルーは無刺激/1秒グルー/強吸着MAX(粘着)/強吸着MAX(サラサラ)から選ぶことができます

 

私は強吸着MAX(サラサラ)をチョイス

 

ピンセットは先が細くなっているタイプなので、エクステがつかみやすくなっています

 

セルフマツエク失敗しない

 

オフする際のリムーバーもきちんと付属していますよ

 

セルフマツエク難しい

 

それからまぶたを保護するためのサージカルテープと、エクステを整えるためのコームも付属

 

セルフマツエクキット

 

取扱説明書もついています

 

以上9点、施術からオフまでしっかりできるキット内容です

 

 

続いて施術をしてみましょう

 

まず、サージカルテープで目を固定しエクステを付けやすくします

 

お皿にグルーとなりにコーム

 

続いて自まつ毛をコームで整えたあと、お皿にグルーを乗せます

 

セルフマツエクキット ドンキ

 

エクステの先にグルーを付けて・・・

 

自まつ毛の上からかぶせるように付けていきます

 

マツエクキット市販

 

このように、均等につけていくと・・・

 

マツエクキットamazon

 

簡単にボリュームのある目元が完成!

 

約15分ほどでエクステを付けることができました

 

グルーはとっても強力なので、1〜2秒エクステを固定するだけで簡単に自まつ毛につきます

 

しかし、完全に乾くまでには数時間必要なので、付けた後は目をこすらないように気を付けましょう

 

さらにグルーは付けてすぐに目を開けると染みる恐れがあります

 

私も何度も染みて涙が止まらなくなってしまったこともあったので・・・

 

エクステを付けた後は2〜3分、目をつぶったままで居ることをお勧めします

 

横から見てもボリュームたっぷり!

 

これが自分の好きな時間に、とっても安い値段でできるなんて嬉しすぎますよね!

 

もうサロンに高い値段を出して通うことがバカバカしくなってしまいます!!

 

セルフマツエク付け方は簡単

 

こんなに簡単に施術ができるセルフマツエクキット

 

本当に手軽にできるので、みなさんにおすすめしたいです!

 

ただし、何度も言うように自分で施術をするため、万が一何かあっても全て自己責任になります

 

「以前サロンで瞼が腫れてしまったことがある」

 

「自まつ毛が少ないからうまくつけられるか不安・・・」

 

なんてお悩みを抱えている方は、やはり資格を持ったプロに施術してもらうのが一番

 

安いからと無理して自分で行うと、取り返しのつかないことになる可能性もあります

 

心配な場合はきちんとプロに施術してもらうようにしましょうね!

 

セルフマツエクキット通販